1 『もりのえほん』

この絵の中に2匹の動物が隠れています(クリックで拡大します)。

連載の最初はこれと決めていました。

全ページを通して文字はまったくなく、まさに“絵”本。黒と緑を主体に描かれた16枚の架空の森の絵の中に、たくさんの動物(と、いくつかの人の顔)が隠れています。計133匹。

最後のページに、隠れたすべての動物・人の名前が書かれていますが、それが分かったとしても、探し出すのは至難の業。愛読者の方でも、すべてを見つけられた方は少ないのではないでしょうか。

あまりにも真剣に探しているうちに、作者の仕掛けとは違った場所に動物を見つけてしまうことも。これも、この本の楽しみ方なのかもしれません。

文字が無いゆえにストーリーが無く、読みにくいかいうと、そんなことはまったくなく、ページをめくるたびに自分が自由に森の中を散歩しているような、不思議な感覚におそわれます。読む人の想像力を掻き立ててくれる、素敵な一冊です。

左が新装版。右が「こどものとも」版で、隠れている動物の名前も明かされていない。

1977年に「こどものとも」シリーズの259号として出版、その後の1981年にハードカバー版として新たに出版、1979年には『Anno's Animals』のタイトルで海外でも出版されています。

作者の安野光雅(あんの・みつまさ)さんは、この本の他にも、数多くの仕掛けのある絵本を手掛けている巨匠。他の作品も、機を見て紹介していきます。 (Lixy/ASOBIDEA)

今回の絵本
  • 『もりのえほん』
  • 作・絵 安野光雅
  • 出版社 福音館書店
  • 発行 1977年10月(こどものとも)、1981年2月(新装版)

Amazonでの購入はこちら