4 「ひかり と かげ」

前回、「前からも後ろからも読める絵本」を紹介しましたが、今回は同じく、少しトリックがある絵を用いた海外の絵本を幾つか紹介します。

裏表紙は、直線の道路がサーチライトに早変わり。

最初は、1983年にアメリカで初版が発行された、アン・ジョナス著『Round Trip』。この手の本の代表といって差し支えないでしょう。翌1984年には『光の旅 かげの旅』という邦題で日本語版が出ています。

物語は小さな町の家から始まります。明け方に車で町を出発し、農場や海辺を通り過ぎ、高速道路を走って街へ着く。街では地下鉄に乗り、映画館に行き、高いビルへ登る。ここまでが「光の旅」。

ここで日が暮れ、絵本は最後のページに。そこには「本をさかさまにしてごらん!」という言葉が。本をさかさまにして、旅は続きます。街に明りがともり、レストランで食事。再び車で街を後にし、家路を急ぐ。工場を抜け、トンネルをくぐると、我が家のある小さな町が見えてくる。帰りは「かげの旅」。

街へ行って帰ってくるだけの話で、事件が起こるわけでもありません。白と黒の二色で描かれた一見、地味で静かな絵本ですが、そこには「光とかげ」「直線と曲線」「昼と夜」「街と町」、と様々な対比を含む豊かな表現が隠れています。

もちろん、一番目を引くのは向きを上下逆にすると違って見える絵でしょう。映画館だった絵は、逆さまにするとレストランに、山道は雷に、麦畑は雨に……というように、向きを変えると違う絵に見えるように描かれています。最初はこの絵のトリックに気づかない子供でも、読み進めて仕掛けに気付くと、どんどん引き込まれていきます。

波間に浮かぶヨットか、空に浮かぶ凧か、飛行艇か、飛行機か。

アン・ジョナスは、イラストレーターとして他にもいくつかの子供向けの絵本を描いており、1987年には同様の手法を用いた絵本『Reflections』も出版しています。

こちらは、海のそばの家を夜明けに出発してから森へ、そして夕暮れには家へ帰る家族の一日を描いています。カラーで柔らかいタッチの絵は『Round Trip』とまた違った感覚を呼び起こされる絵本です。こちらは、残念ながら邦訳本はありません。

左の「Kaninchen und Ente」(Rabbit and Duck)は、ドイツの雑誌『Fliegende Blätter』1892年10月23日号に掲載。右は絵本『Duck! Rabbit!』。

次は、最近の本から。2009年にエイミー・クローズ・ローゼンタールが文を書き、トム・リヒテンヘルドが絵をつけた『Duck! Rabbit!』。有名な錯視「ウサギとアヒル」をモチーフにして、「これはウサギだ!」という人と「これはカモだ!」という人との軽妙な掛け合いが絵本になっています。翌2010年には『アヒルだってば! ウサギでしょ!』という邦題で日本語版が出ています。

絵を見ると落ち葉なのか木なのか……。

最後は、2013年メネナ・コティン著『À l'endroit, à l'envers』。表紙・裏表紙の関係から分かるように、一冊目で紹介した『Round Trip』と同様、上下逆にすると違って見える絵で構成されています。強いストーリーは特にありませんが、単純な線と色で描かれた絵は、見る人を不思議な世界へ引きこみます。

著者のメネナ・コティンは真っ黒な紙にエンボス加工で絵が描かれている『The Black Book of Colors』で有名な作家。また、『À l'endroit, à l'envers』の英語版『Double Double』やスペイン語版『Doble Doble』は電子書籍として2013年に出版されていますが、残念ながら邦訳本はありません。

今回はここまで。次回、もう少しだけこのテーマで続けます。 (Lixy/ASOBIDEA)

今回の絵本
  • 『Round Trip』
  • 作・絵 Ann Jonas
  • 出版 Greenwillow Books (HarperCollins Publishers)
  • 発行 1983年(初版)、1990年10月(再版)

Amazonでの購入はこちら

  • 『光の旅 かげの旅』
  • 作・絵 アン・ジョナス(Ann Jonas)
  • 翻訳 内海まお
  • 出版 評論社
  • 発行 1984年1月

Amazonでの購入はこちら

Amazonでの購入はこちら

  • 『Duck! Rabbit!』
  • 作 Amy Krouse Rosenthal
  • 絵 Tom Lichtenheld
  • 出版 Chronicle Books
  • 発行 2009年3月

Amazonでの購入はこちら

  • 『アヒルだってば! ウサギでしょ!』
  • 作 エイミー・クローズ・ローゼンタール
  • 絵 トム・リヒテンヘルド
  • 翻訳 今江祥智
  • 出版 サンマーク出版
  • 発行 2010年4月

Amazonでの購入はこちら