作成者別アーカイブ: ASOBIDEA

神奈川県小田原市で「からくりパズルフェア2018」に参加しました

9月1日・2日に神奈川県小田原市で「からくりパズルフェア2018」が開催されました。場所は小田原駅の地下街として広がる、HaRuNe小田原。アソビディアは三度目の参加です。

恒例となっているパズルの販売だけでなく、近くの広場スペースでは各種からくり箱の展示や人気投票のほか、ワークショップやパズルも楽しめるようになっています。

アソビディアはパズラボとのコラボで、パズルで遊べるコーナーを担当しました。いつもの「パズる広場」と海外の珍しいパズルが一緒に並ぶなか、遊ぶ人が途切れないくらいの盛況ぶり。子供から大人まで、多くの方に楽しんでいただきました。

(佐藤/ASOBIDEA)


「からくりパズルフェア2018」に参加します

9月1日(土)・2日(日)に、神奈川県小田原市のHaRuNe小田原で「からくりパズルフェア2018」が開催されます。パズルの販売に加えて、からくり箱の展示や人気投票のほか、さまざまなパズルで遊べるコーナーも並ぶ予定です。

アソビディアは昨年の参加に続いて、今回はパズルで遊べるテーブルを担当します。会場内ではオリジナル製品も販売しますので、お近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

からくりパズルフェア2018
主催小田原・箱根「からくりパズル」を広める会
日時:9/1(土)13:00~17:00、9/2(日)10:00~17:00
場所HaRuNe小田原 うめまる広場(神奈川県)
参加費:無料

(佐藤/ASOBIDEA)


セブンカルチャークラブで工作教室を担当

昨年の開催に引き続いて、今年の夏も工作教室を担当しました。
会場となったのは東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪にあるセブンカルチャークラブで、講師はアソビディアのスタッフです。

店舗によって作るものは異なりますが、すべて木製のからくり箱を作ります。
ここで利用しているのは小田原・箱根で活動中の「からくり創作研究会」が製作した工作キット。木工用ボンドで貼り付けるだけで組み立てられるようになっていて、最後に色を塗れば自分だけの作品になります。

これを自分一人で完成させる人もいれば、親子で協力して進める人もいて、みなさん真剣に取り組んでいました。
どれも少し仕掛けのある箱ですが、手を動かす楽しさと、その仕組みの妙を知る面白さがあります。どの講座でも、それぞれ自分で作ったものを持ち帰るときの嬉しそうな表情が印象的でした。

アソビディアでは、紙や木のパズルを中心としたワークショップを企画しています。さまざまな内容・規模の開催に対応していますので、お気軽にご相談ください

夏の特別講座 からくり工作
主催セブンカルチャークラブ
日時・場所・内容
7/26(木)久喜店(埼玉県久喜市):宝箱
7/31(火)西新井店(東京都足立区):一回箱
8/1(水)伊勢原店(神奈川県伊勢原市):宝箱
8/9(木)蘇我店(千葉県千葉市):たまて箱
8/10(金)綾瀬店(東京都足立区):宝箱
8/12(日)溝の口店(神奈川県川崎市):たまて箱
8/12(日)鳳店(大阪府堺市):宝箱、貯金箱
8/13(月)武蔵境店(東京都蔵野市):宝箱
8/17(金)成田店(千葉県成田市):宝箱
8/19(日)亀有店(東京都葛飾区):たまて箱

(佐藤/ASOBIDEA)


兵庫県尼崎市で「からくり工作教室」を開催しました。

兵庫県尼崎市の学習塾「児童ルームななつぼし」からの依頼を受けて、ワークショップ「からくり工作教室」を開催しました。今年で5年連続となります。

ASOBIDEAスタッフの指導のもと、子供達はからくり創作研究会による本格的な工作キットに挑戦。今年は「1回箱」と「じどうしゃ」を作りました。「1回箱」は、1回の操作で開くのにぱっと見にはどうやって開くのかわからない不思議な箱で、「じどうしゃ」はくるま形のからくり箱です。

説明書きを見ながら、秘密のしかけを確認、しかけが機能するように注意深く組み立てていきます。組み上がった後は、思い思いに外側に色を塗ったり、絵を描いたりして、オリジナルのからくり箱が完成しました。

ASOBIDEAでは、紙や木のパズルを中心としたワークショップを企画しています。作って遊べるパズルの工作教室は、大人、子供問わず大人気です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

(Lixy/ASOBIDEA)