デザイン」カテゴリーアーカイブ

クイズ番組「ザ・タイムショック2021」に、かくし絵を提供しました。

「ザ・タイムショック」は、年1回の特番で放送される人気のクイズ番組です。2021年は8月4日に3時間スペシャルが放送されました。そしてこの番組に、アソビディアが提供した「かくし絵」が採用されました。

今回は、初のチーム対抗戦ということで、「かくし絵クイズ」もチーム戦での1問として登場。絵にかくされた3つの生き物を、4つのチームが制限時間内に見つけるというクイズバトルでした。

アソビディアでは、番組スタッフより依頼を受け、オリジナルでこの画像を制作して提供しています。

3つの生き物をさがす

実際のオンエアでは、この絵がクイズ形式用に少し加工されましたが、「かくし絵」のアイデア自体はそのまま活かされています。
さて、あなたも、この絵に隠された3つの生き物を探してみてください。

また、この番組では、2020年にもかくし絵3点が採用されており、こちらの記事でそれをご覧いただけます。

このように、アソビディアでは、かくし絵やだまし絵各種パズル問題などを数多く制作し、さまざまな媒体に提供しています(テレビ番組、広告・イベント用、教育用など)。すでに発表した作品の再利用から、ご要望に応じたオリジナル制作まで、幅広く承りますので、お気軽にご相談・お問い合わせください

(Miwa/ASOBIDEA)


メルク株式会社の情報誌『SigMania』にパズルの提供を開始

医薬品やバイオ研究のサプライヤーであるMerch(メルク)株式会社の情報誌『SigMania(シグマニア)』。2021年7月発行のVol.10(記念号)からパズルの提供を始めました。

バイオロジー研究に役立つ新製品と注目の試薬を一気に紹介した、研究者向けの情報誌です。今号は「サイトカイン」という細胞から生産・分泌される物質をテーマに、シークワーズと呼ばれているパズルを提供しました。研究者でなくても掲載したパズルは楽しめるようになっていますので、パズル好きの方は是非挑戦してください。誌面は紹介ページからPDFで閲覧できます。

アソビディアでは今回のような企業広報誌や雑誌、Webメディア、フリーペーパーなどの各種媒体様々なパズルやトリックアートを提供しています。

テーマにあわせた特別仕様のパズルから既存のパズルまで、種類や難易度はターゲット層に合わせて調整が可能です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

(Lixy/ASOBIDEA)


東京ドームシティアトラクションズ「ぶるぶるアイスルーム」にかくし絵を提供しました。

東京ドームに隣接する都市型遊園地の、東京ドームシティアトラクションズ(旧 後楽園ゆうえんち)。ジェットコースターや観覧車、お化け屋敷など定番のアトラクションはもちろん、隣接するショッピングモールや温泉施設もあり、一日中楽しめる場所として長年愛されています。

そんな遊園地内アトラクションのひとつ、氷点下の世界を体感できるウォークスルーアトラクション「ぶるぶるアイスルーム」に、2020年夏に続き、かくし絵を4点提供しました。

かくし絵は昨年から一新。4点すべてが新作ですので、昨夏に体験された方も、新たな気分でお楽しみいただけます。

このように、ASOBIDEAでは各種パズル問題かくし絵・だまし絵などを数多く制作し、さまざまな媒体に提供しています(テレビ番組、広告・イベント用、教育用など)。すでに発表した作品の掲載から、企画やご要望に応じたオリジナル制作まで幅広く承りますので、お気軽にご相談・お問い合わせください。

(Lixy/ASOBIDEA)

東京ドームシティアトラクションズ「ぶるぶるアイスルーム」
会場東京ドームシティアトラクションズ(東京都文京区)
開催期間:2021年4月24日(土) ~ 2021年9月26日(日)
時間アトラクションの営業時間に準ずる
料金:500円(ワンデーパスポート・ライド5をお持ちの方は400円)


小学校6年向けの英語教科書「Here We Go」に、かくし絵が採用されました。

令和2年度〜5年度用の、小学校6年向けの英語教科書「Here We Go」(光村出版)に、ASOBIDEAが提供した「かくし絵」が採用され掲載されています。

「かくし絵」は、”Fun Time”というページに登場。音声を聞き、絵の中にかくれた動物たちを見つけていくというものです。かくれている動物は全部で8種類。楽しみながら、動物の英単語を学ぶ仕様になっています。

この「かくし絵」は、出版社より、教科書用にと依頼を受けて、オリジナルで制作したものでした。

このように、ASOBIDEAではかくし絵・だまし絵などを数多く制作し、さまざまな媒体に提供しています(教育用、テレビ番組、広告・イベント用など)。すでに発表した作品の掲載から、ご要望に応じたオリジナル制作まで、幅広く承りますので、お気軽にご相談・お問い合わせください。

(MIWA/ASOBIDEA)


中学校英語の教科書「BLUE SKY(啓林館)」に、だまし絵が採用されました。

今年度(2021年4月)から刷新となった、中学校英語の教科書「BLUE SKY(啓林館)」に、ASOBIDEAが提供した「だまし絵」が採用され掲載されています。

「だまし絵」は、二人の男女が、不思議な絵を見ながら英会話をするページに登場。英語で「どんな動物が見えますか?」「他に何が見えますか?」などという会話が交わされています。

また、この教科書に合わせた「ワークシート集」にも、教科書とは別のだまし絵2点が掲載されました。こちらは、”What’s this?”という英文クイズ用の絵として登場します。

このように、ASOBIDEAではかくし絵・だまし絵などを数多く制作し、さまざまな媒体に提供しています(教育用、テレビ番組、広告・イベント用など)。すでに発表した作品の掲載から、ご要望に応じたオリジナル制作まで、幅広く承りますので、お気軽にご相談・お問い合わせください。

(MIWA/ASOBIDEA)