デザイン」カテゴリーアーカイブ

2つの共済組合機関誌にパズルの提供を開始

名古屋市職員共済組合の機関誌『共済組合ニュース』と、広島県市町村職員共済組合の機関誌『共済だより』において、アソビディアがパズルの提供を始めました。

名古屋市職員共済組合の機関誌では、誌面内の記事に関係するヒントを盛り込んだ漢字クロスワードを、広島市県市町村職員共済組合の機関誌では、月替わりで様々な数理パズルをお届けしています。どちらも、正解者の中から抽選で記念品がプレゼントされるとのことですので、お手元に機関誌をお持ちの方は、是非挑戦ください。

アソビディアでは今回のような企業広報誌や雑誌、Webメディア、フリーペーパーなどの各種媒体に、様々なパズルやトリックアートを提供しています。

テーマにあわせた特別仕様のパズルから既存のパズルまで、種類や難易度はターゲット層に合わせて調整が可能です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

(Lixy/ASOBIDEA)


フジテレビ系「めざましテレビ」に、だまし絵2点を提供しました。

「めざましテレビ」(フジテレビ系列)は、ニュース&スポーツにエンタメ&トレンドなどの新情報を紹介する、朝の番組です。この番組より依頼を受け、アソビディアが「かくし絵問題」2点を提供し、2022年4月28日にオンエアされました。

「かくし絵」は、「劇場版ラジエーションハウス」とのコラボ企画のコーナーで登場。劇場版に出演する窪田正孝さん、本田翼さん、広瀬アリスさん、鈴木伸之さんらが解答者となり、問題にチャレンジしました。出題者は和久井映見さんでした。

まずは、例題として登場したのがこの絵です。
「隠れている、2つの動物はなんでしょう?」

これは、解答者の広瀬アリスさんが見事に正解。そして、この例題の後に出たのが次の絵です。
「2匹のトラの他に、あと2つ隠れているトラを見つけてください」

解答者の方々は、トラをひとつを見つけることが出来ましたが、2つ目は見つけられずにタイムオーバー。
なかなか難しい問題だったようですが、解答が示されると「あー本当だ!」などの声が上がり、大いに盛り上がりました。

このように、アソビディアでは、かくし絵やだまし絵を数多く制作し、さまざまな媒体に提供しています(テレビ番組、広告・イベント用、教育用など)。すでに発表した作品の再利用から、ご要望に応じたオリジナル制作まで、幅広く承りますので、お気軽にご相談・お問い合わせください。

(三輪/ASOBIDEA)


車椅子をテーマに、さかさ絵を制作しました

以前の「現場だより」でご紹介した天畠大輔氏のご依頼を受け、「車椅子」をテーマにしたさかさ絵を制作し、ご提供いたしました。

天畠氏は、重い障がいを持ちながらも博士号をとられ、現在は中央大学で日本学術振興会特別研究員(PD)として活動されている研究者です。
氏が講演される際などに、「ものの見方はひとつではない」「違う視点を持とう」という意図で紹介したい「絵」として、オリジナルの「だまし絵」を希望され、アソビディアに制作依頼をしていただきました。

そして、何度か氏とやりとりをさせていただいて完成させたものが、この「さかさ絵」です。

車椅子を横から見た絵に見えますね。上にはカナで「クルマイス」という文字も読めると思います。これを180度回転させると、、、

空を飛ぶ鳥の絵に変化しました。「クルマイス」の文字も「とんでいく」という文字に変わっています。天畠氏の講演会などでこの絵が紹介されていると思います。

このように、アソビディアでは、さまざまな媒体向けに「かくし絵」や「だまし絵」を制作し、提供しています(書籍の装丁、教育用、テレビ番組、広告・イベント用など)。オリジナル制作から、すでに発表した作品の再利用まで、ご要望に応じて幅広く承りますので、お気軽にご相談・お問い合わせください。

(三輪/ASOBIDEA)


鳥羽市立海の博物館で「海のパズル展」が始まりました

以前の現場だよりでご紹介した、三重県鳥羽市の鳥羽市立海の博物館の企画展「海のパズル展 ~海の生きもので、あそんじゃお。~」が始まりました。


ギャラリーを入るとすぐの左手に、大判のトリックアートがお出迎え。絵の中に隠れた海の生き物を見つけられるでしょうか? 壁には他にも、見て考えるトリックアートに漢字クイズ、ピースを手で動かせるパズルパネルが多数掲示されています。

中央の大きなテーブルには、絵を合わせたり、箱に詰めたり、触って遊べるパズルがたくさん。椅子に座ってじっくり挑戦していただけます。

展示ケースでは個人所蔵のコレクションを中心に、「海」をテーマにした古今東西のパズルをご紹介しています。遊べるパズルや展示物は、期間中の入れ替えを予定しています。

GW期間中の5/3(火・祝)には、オリジナルパズルを作るワークショップを午前と午後の2部で行います。事前申し込みなどは必要ありませんので、直接会場にお越しください。
・海のペーパーパズルを作ろう!(10:00~11:30)[参加費:200円]
・タコの木製パズルを作ろう!(13:00~14:30)[参加費:1,000円]

博物館で「海」について様々なことを知ると同時に、パズルの世界の奥深さと広がりを存分に感じてください。

海のパズル ~海のいきもので、あそんじゃお。~
主催鳥羽市立 海の博物館、ASOBIDEA
会場鳥羽市立 海の博物館 ギャラリー(三重県鳥羽市)
開催期間:2022年4月29日(金・祝)~8月28日(日) ※6月26日~30日は休館
開催時間:9:00~17:00(入場は16:30まで)
入館料:大人800円、大学生以下400円

(Lixy/ASOBIDEA)


クイズ番組「ザ・タイムショック2022」に、かくし絵2点を提供しました。

人気のクイズ番組「ザ・タイムショック」が、2022年3月30日に3時間スペシャルとして放送されました。今年は、18名の有名芸能人たちが参戦し、優勝を目指しての熱いクイズバトルが繰り広げられました。

そして、この番組の「ひらめきバトル」のコーナーで、アソビディアが提供した「かくし絵問題」2点がオンエアされました。

「隠れている3つの生き物は?」
タイムショック2022

タイムショック2022

アソビディアは、番組スタッフより依頼を受け、オリジナルでこのイラストを制作して提供しています。実際のオンエアではクイズ形式用に少し加工されましたが、「かくし絵」のアイデア自体はそのままです。
さて、あなたも、この絵に隠された3つの生き物を探してみてください。

また、この番組では、2020年と2021年にもかくし絵が採用されており、以下のリンクでご覧いただけます。
「ザ・タイムショック2021」のかくし絵
「ザ・タイムショック2020」のかくし絵

このように、アソビディアでは、かくし絵やだまし絵を数多く制作し、さまざまな媒体に提供しています(テレビ番組、広告・イベント用、教育用など)。すでに発表した作品の再利用から、ご要望に応じたオリジナル制作まで、幅広く承りますので、お気軽にご相談・お問い合わせください。

(三輪/ASOBIDEA)