デザイン」カテゴリーアーカイブ

UAゼンセンの機関誌『Yuai』にパズルの提供を開始

生活関連産業の産業別労働組合UAゼンセンの機関誌『Yuai』の2022年1月発行(第918号)からパズルの提供を始めました。


季節の単語を盛り込んだクロスワードを毎月提供いたします。正解者の中から抽選で図書カードもプレゼントされるとのことですので、お手元にある方は挑戦してみてください。

アソビディアでは今回のような企業広報誌や雑誌、Webメディア、フリーペーパーなどの各種媒体様々なパズルやトリックアートを提供しています。

テーマにあわせた特別仕様のパズルから既存のパズルまで、種類や難易度はターゲット層に合わせて調整が可能です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

(Lixy/ASOBIDEA)


2022年 新年のごあいさつ

あけましておめでとうございます。2022年もスタートしました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年もコロナ禍の1年でしたね。
そんな中ではありましたが、様々な製品やパズル問題、トリックアートを作り、皆さんのお手元に“面白い”をお届けできるよう、アソビディアは活動してまいりました。

が、やはりパズルは触って楽しむものということで、イベントで実物を手に取って楽しんでもらいたいというのが本音です。今年こそは、イベントで皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

自主イベントとしては、展示をメインにした「パズル博覧会ミニ」を、昨年から引き続き東京の神田神保町「奥野かるた店」にて開催しております。様々なパズルの世界に触れていただけたらと思います。

過去の「新年のごあいさつ」については、以下のリンク先をご覧ください。

2015年:隠し絵(うま/ひつじ)
2016年:逆さ絵(ひつじ/さる)
2017年:アンビグラム(さる/とり)
2018年:シルエットパズル(トリからイヌへ)
2019年:箱詰めパズル(亥年)
2020年:メタモルフォーゼ(2020/ネズミ)
2021年:逆さ絵(ネズミ/ウシ)

(Lixy/ASOBIDEA)


沢井製薬キャンペーンサイトにアイデアが採用されました

ジェネリック医薬品で知られる沢井製薬が、「おうち時間を楽しく過ごそう!」をテーマに、「ジェネちゃんのあそびのたね」というWebページを公開していました。

このページでは、家族や子供たち向けに「すごろくゲーム」「ペーパークラフト」「ぬりえ」の3つが無料でダウンロードでき、遊べるように公開されていました。

そして、この中の「すごろくゲーム」と「ぬりえ」の企画立案にASOBIDEAスタッフが参画し、アイデアが採用されました。

「すごろくゲーム」は、普通のサイコロの他に「どきどきサイコロ」というものが登場。このサイコロをふって、誰かと場所をチェンジしたり、ふりだしに戻ったり…。波乱万丈、大逆転ありの面白い展開が楽しめるというアイデアでした。「ぬりえ」では、絵の中に「かくし絵」があって、色を塗りながら、かくれているものを探す楽しさが採用されました。

キャンペーンサイトは終了しましたが、ここに登場していたキャラクター「ジェネちゃん」と沢井製薬に関する情報が「癒しのジェネちゃん」というWebページでご覧になれますので、こちらをお楽しみいただければと思います。

このように、ASOBIDEAでは「ボードゲーム(すごろく)」の企画立案、「かくし絵」などのトリックアートの制作をし、さまざまな媒体で採用されています。広告キャンペーン用はもちろん、テレビ番組・イベント用・教育教材用など、企画立案から、既存作品の利用まで、ご要望に応じて承ります。お気軽にお問い合わせください


ニュートン別冊『統計パズル』『数学パズル 増補第2版』に記事が掲載

ビジュアルつきでわかりやすい記事をテーマごとに編集しているニュートン別冊に、パズルの記事が掲載されました。これは月刊科学雑誌『Newton』にあったアソビディア代表・山田による連載「パズルなひととき」を再編集したものです。

掲載された別冊は、定番のパズルから様々な日常にひそむパズルまで数とカタチにまつわる問題を集めた『数学パズル 増補第2版』と、身の回りに潜む統計と確率に関する問題を集めた『統計パズル』の2冊です。

どちらも一般書店でも扱われていますので、気になる方はぜひ、書店で中身を確認してみてください。

アソビディアでは、雑誌やWebメディア、フリーペーパーなどの各種媒体に様々なパズルを提供しています。また、パズル問題以外にも、パズルと関係したちょっと面白いお話、多種多様なパズルおもちゃのコレクションや、世界各国のパズル家との交流などを踏まえた文章の執筆も併せて承ります。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

(Lixy/ASOBIDEA)


クイズ番組「ザ・タイムショック2021」に、かくし絵を提供しました。

「ザ・タイムショック」は、年1回の特番で放送される人気のクイズ番組です。2021年は8月4日に3時間スペシャルが放送されました。そしてこの番組に、アソビディアが提供した「かくし絵」が採用されました。

今回は、初のチーム対抗戦ということで、「かくし絵クイズ」もチーム戦での1問として登場。絵にかくされた3つの生き物を、4つのチームが制限時間内に見つけるというクイズバトルでした。

アソビディアでは、番組スタッフより依頼を受け、オリジナルでこの画像を制作して提供しています。

3つの生き物をさがす

実際のオンエアでは、この絵がクイズ形式用に少し加工されましたが、「かくし絵」のアイデア自体はそのまま活かされています。
さて、あなたも、この絵に隠された3つの生き物を探してみてください。

また、この番組では、2020年にもかくし絵3点が採用されており、こちらの記事でそれをご覧いただけます。

このように、アソビディアでは、かくし絵やだまし絵各種パズル問題などを数多く制作し、さまざまな媒体に提供しています(テレビ番組、広告・イベント用、教育用など)。すでに発表した作品の再利用から、ご要望に応じたオリジナル制作まで、幅広く承りますので、お気軽にご相談・お問い合わせください

(Miwa/ASOBIDEA)