カテゴリー別アーカイブ: デザイン

Honda Carsのキャンペーン冊子に「かくし文字パズル」が採用されました。

自動車ディーラーのHondaCars兵庫が発行したキャンペーン用冊子に、イラストを使った「かくし文字パズル」が採用されました。

絵の中に、アルファベット4文字がかくれています。それを見つけて解答欄にいれ、新発売の軽自動車の名前にすれば「Hondaオリジナルグッズ」をプレゼントするというキャンペーンでした。
このキャンペーン期間が終了しましたので、「現場だより」で紹介させてもらいます。

上の画像ではイラストが小さいので、大きくしたものを下に掲載します。ぜひ、あなたもアルファベット4文字を見つけてみてください。(もう、プレゼントは、さしあげられませんが)

このように、ASOBIDEAではだまし絵やパズルなどを数多く制作し、さまざまな媒体に提供しています(広告・イベント用、テレビ番組、教育用など)。すでに発表した作品の掲載から、ご要望に応じたオリジナル制作まで、幅広く承りますので、お気軽にご相談・お問い合わせください

(Miwa/ASOBIDEA)


テレビ番組「スクール革命!」に、だまし絵2点を提供しました。

日本テレビ系で放送されている「スクール革命!」は、内村光良さんが先生役の学校で、様々な授業を勉強していくという、情報バラエティー番組です。

この番組の9月17日(日)放送分(関東)は、「あなたもダマされる!視覚のフシギ」をテーマにした一時間。ゲスト先生として、錯視研究の一人者である杉原厚吉さん(明治大学特任教授)が登場し、数々の錯視作品が紹介されていくという内容でした。

そしてこの放送に、ASOBIDEAが制作した「だまし絵」2点が採用され、オンエアされています。

まず1点目はこちら。この図の中に、円がかくれています。いくつかくれているでしょう?

わかりますか?

そして2点目は、番組用にオリジナルで制作した、下の画像です。

まずは、(1)この画像の中央の赤い点を、15秒から20秒ほどじっと見つめ続けてください。

(2)その後、壁などの白いものに目を向け、まばたきを何度もします。

(3)すると、ある人物が浮かび上がるのですが……。

その人物は、オードリーの若林正恭さんでした。番組内では「見える!」「へえ〜」と驚きの声があがっていました。

これは「補色残像」による錯視で、ASOBIDEAでは、番組から提供された写真をもとに、この「だまし絵」をオリジナルで制作したのでした。

このように、ASOBIDEAではだまし絵などを数多く制作し、さまざまな媒体に提供しています(テレビ番組、広告・イベント用、教育用など)。すでに発表した作品の掲載から、ご要望に応じたオリジナル制作まで、幅広く承りますので、お気軽にご相談・お問い合わせください。

(Miwa/ASOBIDEA)


シニアマガジン『どきどき』に脳活パズルを提供しています。

大型のシニアマガジン『どきどき』(株式会社ソーシャルサービス発行)が新装刊され、その2017年夏号から、「大人の脳活」コーナーが登場しました。

この「大人の脳活」コーナーのパズルを、私たちアソビディアが、毎号提供していきます。今号は「漢字パズル」と「迷路パズル」。もし手に取られる機会があれば、ぜひチャレンジしてみてください。

このように、アソビディアでは雑誌やWebメディア、フリーペーパーなどの各種媒体に様々なパズルを提供しています。パズルの種類や難易度は、ターゲット層に合わせた細かい調整が可能です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

(Miwa/ASOBIDEA)

保存保存保存保存保存保存

保存保存


羊土社『実験医学』誌上での連載が開始

医学系の出版社である羊土社の『実験医学』は、分子生物学と医学を結ぶパイオニア的雑誌として、バイオサイエンスの研究者を中心に30年以上にわたって親しまれている月刊誌です。

7/20(木)に発行された2017年8月号より、ASOBIDEA代表の山田が「バイオでパズる!」という連載コーナーを担当することになりました。
生命科学研究者、という来歴を持つパズルデザイナーが「生物とパズルの世界の融合」をテーマに、バイオの世界をモチーフにした様々なパズルを出題するほか、それぞれのパズルの背景などについても触れていきます。

最新号のチャレンジ問題はWeb上でも閲覧できます。正解者には抽選でプレゼントも当たりますので、どうぞ挑戦してみてください(応募には「羊土社会員」への登録が必要となります)。

アソビディアでは雑誌やWebメディア、フリーペーパーなどの各種媒体様々なパズルを提供しています。パズルの種類や難易度は、ターゲット層に合わせた調整が可能です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

(Lixy/ASOBIDEA)


企画展「パズル島へようこそ!〜解ける?解けない?パズルの不思議〜」に協力します

東京都西東京市の多摩六都科学館で、7月15日(土)〜9月3日(日)に開催される夏の特別企画展「パズル島へようこそ!〜解ける?解けない?パズルの不思議〜」に、ASOBIDEAが協力します。

B1Fのイベントホールを舞台に、この企画展のために準備したオリジナルパズルが登場します。科学館への入館料が必要となりますが、どなたでもパズルを自由に手に取って遊んでいただけますので、ぜひお出かけください。

また、企画展にあわせて同館のミュージアムショップでは、ASOBIDEAのイベントパズルなどのオリジナルグッズの販売も行われます。ミュージアムショップへは入場無料となっておりますので、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

※追記
会場の様子は以下の多摩六都科学館「ロクトリポート」でも詳しく紹介されていますので、ご覧ください。
 →この夏は、パズル島へ遊びに来ませんか?

ASOBIDEAではこのように、博物館・美術館といった、展示施設と連携したイベントのプロデュースも承っております。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

パズル島へようこそ!〜解ける?解けない?パズルの不思議〜
主催・会場多摩六都科学館(東京都西東京市)
開催期間:2017年7月15日(土)~9月3日(日)
開館時間:9:30~17:00 ※8月中は9:30~17:30(入館は16:00まで)
休館日:7月18日(火)、9月1日(金)
入館料:一般500円 4歳〜高校生200円 ※プラネタリウム・大型映像とのセット券もあり

(Lixy/ASOBIDEA)