月別アーカイブ: 2014年3月

JAPANドラッグストアショー2014の武田薬品工業ブースで「だまし絵」2点が展示されました。

第14回JAPANドラッグストアショー(2014年3月14日~16日)が幕張メッセで開催され、この展示会に出展している武田薬品工業のブースにて、ASOBIDEAスタッフ制作の「だまし絵」2点が展示されました。

2つのトリックアート「何が書かれている?」「森の中で、かくれんぼ」はクイズ形式になっており、多くの来場者が足を止め、注目されていました。千寿製薬のWebサイト内にある「瞳の休憩室」には「だまし絵シアター」というコーナーがあり、ここには毎月新しい作品が掲載されています。

ASOBIDEAでは、見て楽しく不思議なトリックアートを、各種媒体向けにご提供しています。その実績と作例はこちらでごらんいただけます。お気軽にお問い合わせください。

展示:2014年3月14日(金)~16日(日)
トリックアート制作・監修:三輪みわ

(Miwa/ASOBIDEA)


パズルのワークショップ「キューブとシルエット」を開催しました。

都内でパズルのワークショップを開催しました。当日は、あいにくの雨にもかかわらず、多くの方が参加され、終始なごやかな雰囲気で進みました。

イベント概要

【前半】キューブパズルのデザイン入門
講師 えぢ ナガタ (パズル作家、パズラボ店主)

立方体のブロックを使って、3×3×3のキューブパズル作りを楽しみます。いくつかの例題パズルを作って、ピース形状や解の記録方法を紹介。さらに、オリジナル作品づくりにもチャレンジしてもらい、できた作品で遊んでみます。最後にパズルを解析するソフトの使用方法も解説します。

【後半】シルエットパズル事始め
講師 佐藤 洸風

いくつかの類例で遊びながら、広くて深いシルエットパズルの世界を眺めます。そこで得られたヒントを基に、最後はオリジナル作品を制作。シルエットパズルを通して、面白いものづくりを楽しんでください。

開催レポート

前半の「キューブパズルのデザイン入門」は、3×3×3のキューブパズルを扱います。講師はパズルカフェ・パズラボの店主でパズル作家のえぢナガタさん。すべて「Live Cube」という立方体のキューブを使い、古典から現代まで、タイプ別の作例を組み立てて遊びました。

いくつかの作例を経て、今度は各自がオリジナル作品づくりにチャレンジします。最後はパズルの解析ソフトを使い、作ったばかりの作品を目の前で解析しました。色とりどりのキューブとテキストの追加問題は、参加者へのお土産です。

後半の「シルエットパズル事始め」は、初歩からシルエットパズルを体験する講座。講師は当社スタッフの佐藤が担当しました。まずは、いくつかの習作で遊びながら、基本的な考え方と仕組みを確認します。

これを踏まえたら、いよいよ作品づくり。各自のテーマが決まったら、自分なりのピースを考えていきます。作業の合間に創作のコツや、パズルの体系的な解説もなされました。また、習作として登場した2種類のシルエットパズルは、今回のためだけに製作されたもの。両方ともお土産として配布されています。

どちらの講座も、スタンダードなパズルを通して、面白いものづくりを楽しめる構成でした。このように、ASOBIDEAでは自由な発想で楽しめるセミナー型イベントを企画・開催しています。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

日時:2014年3月2日(日) 前半:13:00~15:00, 後半:15:30~17:30
会場パズルショップ・トリト内 併設スペース
主催:ASOBIDEA

(佐藤/ASOBIDEA)