認知症サポーターキャラバン・メイトの集いで講師を務めました

6/13(火)に、三重県度会町の度会町中央公民館で開催された認知症サポーターキャラバン・メイト南勢地区連絡会、「キャラバン・メイトみえ南勢」の第1回の集いで、代表の山田が講演を行いました。

アソビディアとしてこれまでやってきた活動の紹介に加え、近年話題になっている「パズルと認知症の関係」については科学的な根拠の重要性を交えてお話をしてきました。
集いのあとの意見交換会では現場からの声を多数お伺いし、我々のこれまでのパズルでの経験を、認知症に関連した現場でどのように生かしていけるのかということを考える機会にもなりました。今後もパズルを通して、伊勢志摩地域における認知症サポーターやキャラバン・メイトの活動に協力して行きたいと考えています。

ASOBIDEAでは主としてパズル・トリックアートを題材にした講演・講座を手掛けております。スタッフが講師を務める講義形式だけでなく、参加者の方々に手を動かしてもらうワークショップなどさまざまなスタイルを提供できますので、どうぞお気軽にご相談ください。

(Lixy/ASOBIDEA)