カテゴリー別アーカイブ: イベント

「伊勢まつり」に参加します

スタジオのある伊勢市の年に一度の大イベント「伊勢まつり」に、「パズる広場」として参加します。今年で4年連続になります(写真は昨年の様子)。
161013_ise2

伊勢市駅前から高柳商店街にかけての一帯を会場に、神輿や太鼓、パレードやダンスのパフォーマンスに、多くの出店が立ち並ぶ、とても活気のあるイベントです。

「パズる広場」は例年通り、会場の真ん中、尼辻交差点の近くでの出店を予定しています。ビッグサイズの木製パズル・知恵の輪といったおなじみのアイテムに加え、触って遊べる「つめこみくじ」が多数登場。この夏からのイベントパズルの新作の販売も行います。たくさんのパズルを用意して自由に遊べる空間を作りますので、ぜひお立ち寄りください。

また、今年は新たな企画も計画中です! こちらについては、続報をどうぞお楽しみに。

過去の「伊勢まつり」の模様については、以下をご参照ください。

ASOBIDEAでは、子供も大人も夢中の参加型イベント「パズる広場」を企画提案・運営しています。いつでも、お気軽にお問い合わせください。

伊勢まつり
日時:2017年10月7日(土)10:00~21:00、8日(日)10:00~17:45
会場:高柳商店街周辺~伊勢市駅周辺 (三重県伊勢市)
主催:伊勢まつり実行委員会
※くわしい情報は、伊勢市の案内ページにもあります。

(Lixy/ASOBIDEA)


「パズル島へようこそ!〜解ける?解けない?パズルの不思議〜」を訪ねました

以前ご紹介したように、東京都西東京市の多摩六都科学館で開催中の夏の特別企画展「パズル島へようこそ!〜解ける?解けない?パズルの不思議〜」にASOBIDEAが協力しています。先日科学館を訪れて、展示の模様を見学してきました。

バス停から科学館を目指して歩くと、企画展の大きな看板が出迎えてくれます。円形舞台のような広々とした階段を降りた先が、入口のある地下1階部分。入ってすぐの左手には、記念撮影用のパズル島のフォトスポットが。ここから床に転々と続くモチーフを辿るとすぐ、展示会場のイベントホールが見つかります。

企画展の舞台は「パズル島」。床にはいくつかの橋で結ばれた、海に浮かぶ小島が描かれています。パズルだらけの小島には5つのコーナーが用意されていて、それぞれのコーナーには手に取って自由に遊べるパズルと、パズルの背景となっている数学のKeywordに、簡単な解説のパネルが置いてあります。

ASOBIDEAは「注文の多いうみの家」「島の学校」のコーナーに協力。特に、「島の学校」の「宝の地図パズル」「宝の立体地図パズル」は「ハミルトン閉路」というKeywordに合わせ、一からパズルを設計し、企画展全体の雰囲気に合わせたデザインに仕上げました。

易しいものから難しいものまで、様々にある会場内のパズルの中で、「宝の立体地図パズル」は特に難しいものとして多くの皆さんを悩ませているとのこと。パズル島の全パズル制覇に挑戦している人には、最後の難関となっているとか。

小さな子供さんはもちろん、普段はこうした展示に手を出さないような大人の方まで、パズルを手にしたら表情は真剣そのもの。訪れた8月下旬は、展示が始まってから既に1月半ということで、たくさんの方に遊んでもらい、どのパズルも長年使い込まれたかのような風合いになっていました。

また、期間中にミュージアムショップで販売された、ASOBIDEAのイベントパズルASOBIDEAカードも好評とのことで、パズル島から帰られた後も楽しんでいただければ幸いです。

子供さんからシニアの方まで、じっくりパズルを楽しめる特別企画展。会期は今週末、9/3(日)までとなっておりますので、まだ行っていないという方も、もう一度という方も、ぜひ多摩六都科学館へお出かけください。

ASOBIDEAではこのように、パズルを仕掛けに使ったモノづくり・イベントづくりを行っております。企画提案から、実際の展示物のデザイン・製作まで、展示施設と連携したイベントのプロデュースも承っておりますので、どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

(Lixy/ASOBIDEA)


神戸・三宮で、からくり工作教室を開催しました。

8月20日(日)に、神戸・三宮にて「夏休みこども教室 からくり貯金箱を作ろう」を開催しました。(主催:神戸新聞カルチャー

集まった小学生の皆さんに、工作キットを手渡し、講師が指導しながら、それぞれ自分でからくり箱を組み立ててもらう講座です。
今回作ったのは「お金の貯まる貯金箱」。お金がいっぱいにならないと中身が取り出せない「からくり」になっている貯金箱です。

講師が、どういう「からくり」になっているかを説明をしてから、それぞれが木工ボンドを使って、キットの組み立てをします。
そして、できあがったら各自で自由に色を塗り、絵を描いて、自分だけのオリジナル「からくり貯金箱」の完成です。

参加された皆さん全員が、工作する楽しさ、からくりを知る面白さ、そして自分だけのものを作って持ち帰る嬉しさを、体感していただけたようでした。

このように、ASOBIDEAでは、木のパズル・からくり箱などを作る工作教室・ワークショップを各種の文化教室やカルチャーセンターへご提供しています。作って遊べるパズルの工作教室は、大人、子供問わず大人気です。どうぞ、お気軽にお問い合わせください。

(MIwa/ASOBIDEA)

保存保存

保存保存


「からくりパズルフェア2017」でイベントパズルを販売しました

8月11・12日、小田原駅の地下に広がるHaRuNe小田原で「からくりパズルフェア2017」が開催されました。アソビディアは昨年に続いて、二度目の登場です。

今回は先日リリースした新作を中心に、さまざまなパズルを披露しました。一部のパズルは大きなサイズにして、その場で自由に遊べるようになっています。

会場には、パズル・アナログゲーム・伝統おもちゃの販売だけでなく、ワークショップや実演販売などもあり、いろいろなタイプの遊びが詰まったイベントでした。

アソビディアのテーブルに来てくださったのは、パズルにくわしい常連の方から、たまたま見かけて立ち寄ったという方まで、その興味の度合いはさまざま。パズルへの慣れに差はあれど、みなさん気楽に楽しんでくださいました。

(佐藤/ASOBIDEA)


セブンカルチャークラブで夏の工作教室を担当

7月下旬から8月上旬にかけて、東京・神奈川・千葉・大阪で工作教室が開催されました。これは首都圏・関西を中心に展開しているセブンカルチャークラブが主催したもので、アソビディアのスタッフは講師役として各地の教室を訪問しました。

この講座は小学生対象で、題材は違っても、木製のからくり箱を作るところは同じ。どれも特殊な工具や難しい作業は必要なく、ほとんどが木工用ボンドで貼り付ければ完成します。
ちなみに、ここで利用している工作キットは、小田原・箱根で活動中の「からくり創作研究会」によるもの。内容の分かりやすさと材料の精度には、定評があります。

組み立てが終わったら、各自で自由に色を塗って、それぞれの作品が完成。できあがってみれば一つとして同じものはなく、塗り方・描き方によって独自のストーリーを感じさせる作品も登場しました。

親子で協力して作り上げたものもあれば、たった一人で苦心して完成させたものもあります。それぞれの題材は違っても、手を動かして作る楽しみは変わらないようで、自由研究のためとは言いながら、いつしか工作の面白さに熱中していく姿も見られました。

アソビディアでは、紙や木のパズルを中心としたワークショップを企画しています。さまざまな内容・規模の開催に対応していますので、お気軽にご相談ください

夏の特別講座 からくり工作
主催:セブンカルチャークラブ
日時・場所・内容
7/24(月)10:30-12:30 鳳店(大阪府堺市) お金がたまる貯金箱
7/24(月)13:00-15:00 成田店(千葉県成田市) からくり変化
7/30(日)13:00-15:00 伊勢原店(神奈川県伊勢原市) からくり変化
7/31(月)15:45-17:45 亀有店(東京都葛飾区) からくり変化
8/2(水)13:30-15:30 西新井店(東京都足立区) からくり変化
8/3(木)10:30-12:30 蘇我店(千葉県千葉市) お金がたまる貯金箱
8/4(金)13:00-15:00 綾瀬店(東京都足立区) ケロケロ箱
8/6(日)15:30-17:30 溝の口店(神奈川県川崎市) からくり変化
8/11(金)10:30-12:30 武蔵境店(東京都蔵野市) お金がたまる貯金箱
8/12(土)10:30-12:30 八尾店(大阪府八尾市) お金がたまる貯金箱
8/12(土)15:00-17:00 鳳店(大阪府堺市) お金がたまる貯金箱

(佐藤/ASOBIDEA)